私が瞬間英作文に利用してきたおすすめ教材を紹介

2種類の瞬間英作文トレーニング

もともと瞬間英作文は森沢洋介さんの英語上達完全マップという本で紹介されていて、世の中に広まった英語学習法です。

私は瞬間英作文トレーニングを勝手に独自で拡大解釈していまして、

  1. よく使うフレーズ暗記のトレーニング
  2. 瞬時に日本語→英語に英作文するトレーニング

 

の2種類をまとめて瞬間英作文と勝手に呼んでます。

②が森沢さんの本でも提唱されているいわゆる”瞬間英作文”、①は厳密には瞬間”英作文”ではないと思うのですが、英会話上達のためにある程度自然な表現、パターン表現を覚えるのは大事です。

なので、この①と②のトレーニングが両方必要だと感じています。

個人的には①のフレーズ暗記をある程度行ってから英作文トレーニングに入る方が良いと思いますが、大学受験英語の基本が身についている方であればどの教材からスタートしても大丈夫だと思います。

瞬間英作文の効果的なやり方などについてはこちらの記事にもまとめてますので参考にしてください。

https://dokugaku-eikaiwa.com/shunkaneisakubun/

瞬間英作文におすすめの教材 – パターン表現を覚えよう編

会話できる英文法大特訓

これは文法項目別に、会話で使える自然な表現が詰まった英会話フレーズ集のような教材です。

瞬間英作文と思ってやるよりは、この本に書かれた文章は何も考えなくても出てくるように暗記するつもりでやりましょう。

この本の良いところは、表現が自然ですぐに会話で使いやすいものが多いだけでなく、「日本語→英語」の順に収録された音源が付属していること。

どういうことかと言うと、歩きながらや運転中など、耳で聞きながらのトレーニングも可能なんです。

英会話のフレーズ本は色々あるのですが、音源が英語→日本語だと瞬間英作文のトレーニングがしづらいんですよ。

英語を聞いて、瞬時に理解するトレーニングも必要なのは勿論なのですが、やっぱり日本語→英語の方が難易度が高いので、英作文トレーニングをした方が良いと思います。

ただしこの本はフレーズ暗記用の本です。

英作文するつもりじゃなくて、「あぁこの時はこうやって言うんだね」とフレーズを覚えるつもりで繰り返し練習するようにしましょう。

絵で見てパッと言う英会話トレーニング

この本は純粋な”英作文”ではないのですが、「とっさの一言表現」をストックするのにめちゃくちゃ良いです。

例えば日本人が英語学び始めで不足しがちなあいづちや、とっさの返答などの表現がとても多いです。

イラストは若干お粗末で、「このイラストで状況あまり分からなくないか…?」というものが多いので、添えられている文章をみながら「こんな時どう言う〜?」というのを瞬時に考えます。

最初はやりながら「お粗末な絵だなぁ」と心の中で思っていたのですが、視覚に訴える教材というのは強いもので、すごく頭に残りやすいんです。

別の場所でこの本に出ていた表現に出会うと、「あ、これあの絵についてた表現だ…」という具合に思い出せたりします。

うん、視覚に訴えるってすごい!

海外旅行編もありますので、この本は2冊ともおすすめです!

両方やっておくと結構色んなバリエーションの表現が出来ます。

瞬間英作文におすすめの教材 – 英作文スピードを上げよう編

元祖・瞬間英作文トレーニングシリーズ

森沢さんの著書で、一応瞬間英作文の元祖なのでここで紹介しますが、実を言うとこちらはおすすめ教材!といえるほどのおすすめではありません。

このシリーズは確かに英作文のトレーニングには良いのですが、トレーニング目的にしすぎているせいか、「こんな文章、実際会話であんまり使わないんじゃないか?」と思うような不自然な例文が結構多いです。

なので瞬間英作文の元祖としてやってみるのは良いと思いますが、自然な表現を覚えたい人には少し不向きかも。

このシリーズは数種類の書籍が出ていますが、こちらの青本が一番ベーシックな瞬間英作文トレーニングの本です。文法項目別になっているので、文法の復習をしながら基本英作文を学びたい人向きですが、元祖瞬間英作文シリーズの中ではこの青本が一番おすすめです。

こっちの緑本は青本に比べて難易度が上がります。

文章も長くて複雑なものが増えている上に、出てくる例文も文法項目毎にはなっておらずバラバラです。

難易度が上がってやりがいはあるのですが、青本にも増してまどろっこしい不自然な表現が増えた印象でした(^_^;

そしてこっちの赤本は”パターン・プラクティス”とついている通り、文章の一部が少しずつ変わったフレーズを反復練習してスピードを鍛えようというもの。

これは正直一番つまらなくて、私は買ったけどあまりやってない本です。

例解 和文英訳教本

見た目は受験生が読む参考書のような本ですが、これは自然な英作文の練習本としてはとても良かったです。

ひとつひとつの英作文の解説がとてもしっかりしていて、日本人には馴染みにくい単語の使い分けや時制などがとても詳しく書かれています。

この本は最初は解説までしっかり目を通せるように普通に読み物として読んでみた後に、日本語→英語へすぐに変換出来るように瞬間英作文トレーニングすると良いと思います。

解説部分が長いので瞬間英作文しづらい場合は、Ankiや単語帳メーカーなどのアプリを使って日本語→英語で変換出来るようなオリジナル単語帳みたいにつくってトレーニングをすると良いと思います。

単語帳メーカーはスマホアプリもあるので、スマホを使って隙間時間に復習したりするのにも便利です^^

話すための英文法シリーズ Step1〜7

こちらはStep1〜Step7までありシリーズが多いですが、その分これをやればかなり瞬間英作文トレーニングが完成しそうです。

注意点ですがkindle版は紙書籍版に比べてかなりレイアウトが見づらいらしく、レビューをみているとkindle版を買ったけど見づらくて紙書籍版を買い直した、と言う人もいるようです。

Ankiなどのアプリに自分で打ち込むのならkindle版でも良いかもしれませんが、そのつもりがない方は要注意です!

瞬間英作文提唱者の森沢さんも勧めている本で、むしろ「瞬間英作文」という名前じゃないけれど森沢さんが勉強法を提唱する前から存在していた本です。

難点は見開きページが英語→日本語の順で瞬間英作文の感覚で見ていると少し見づらいこと、音源が英語のみなので音だけでのトレーニングが出来ないことでしょうか。

シリーズが多く最初からはじめるべきか迷うかもしれませんが、私は他の瞬間英作文本もある程度やってからこのシリーズを始めたので、本屋で難易度を見てStep3からはじめました。

瞬間英作文は最初は中学生レベルのバカみたいな英文を使って行うと良いので、あまり瞬間英作文をしたことがない人はStep1からはじめましょう。

ただ、このシリーズはStep1でも比較的語彙が難しいものも使われていて、超初心者には「超入門編」(上下巻あり)というのもあります。

おわり – 増え次第、随時教材追加します

瞬間英作文は今も少しずつトレーニングしているので、おすすめ教材が増えたらまた紹介していきます。

何度も繰り返しやるのは辛いですが、英会話の上達にはとても良いトレーニングだと思いますので良かったら学習のお役に立ててくださいね(*・ω・*)

ではでは〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です