シャドーイングの効果とやり方を紹介!効果的にリスニング&スピーキングを鍛えよう!

少し英語を勉強している人なら、「英会話の向上にはシャドーイングが効果的」というのを聞いたことがあるのではないでしょうか?

確かにシャドーイングは英会話の上達にとても効果的、というか独学で英語が話せるようになった人はみんな例外なくシャドーイングのトレーニングをしている人がほとんどです。

しかしいくら「シャドーイングが良い」と聞いたからといって、いきなりシャドーイングだけやり始めるのはちょっと待ちましょう!

シャドーイングは、正しいやり方で、自分のレベルにあった教材をやらないと効果は半減です。

スポーツで言うなら正しいフォームを勉強しないでひたすら我流の素振りを続けたり、基礎体力をつけずにいきなり試合に出たり…といったことをしていても上達に限界が来るでしょう。

それと同じでシャドーイングは、

  • 基礎力(単語・文法の理解など)をつけた上で
  • 正しいやり方で

行うことでかなり効果的に英語力を上げることが出来ます。

今日の記事ではシャドーイングの効果的なやり方や、レベルにあった教材の選び方などを紹介していきます。

また、シャドーイングは初心者にはあまり向かない、とも言われているのでその理由も書いています。

https://dokugaku-eikaiwa.com/wp-content/uploads/2019/02/profile-pic01.png
Amy

シャドーイングは正しくトレーニングすれば英語の4技能全てにとても効果的だよ!

シャドーイングの効果について

シャドーイングは英語の4技能全てに効果的

少し英会話を勉強している人なら、

  • スピーキングのトレーニングにはシャドーイングがいい
  • リスニングのトレーニングにはシャドーイングがいい

というのは何度か聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

実際、シャドーイングは英語の4技能(Reading、Listening、Writing、Speaking)の中でもSpeaking、Listeningにはとても効果的です。

SpeakingとListeningに効果的な自主トレーニングはシャドーイングくらいしかないと言った方が良いかもしれません。

大人になってから独学で英語を話せるようになった人はほとんど例外なくシャドーイングトレーニングをしています。

そして私の経験からすると、シャドーイングはReadingやWritingにも効果があります。

というのも、シャドーイングは英文理解のスピードを上げるので、英語を読む速度も上がります。

また、話せる英語はそれ以上に書けるようになるので、Writing力も上げてくれます。

そういう意味でシャドーイングは4技能の英語力を効果的に高めてくれる最高のトレーニングなんです。

なぜシャドーイングが効果的なのか?

シャドーイングが英語学習に効果的な理由
  • 音を真似ることで発音や音の連結に慣れることが出来る
  • 音源のスピードで英語を頭で理解するトレーニングになる
  • 繰り返すことで英語の表現や単語を口に出す感覚として身につけられる

シャドーイングは色々な面で英語学習に効果的なのですが、1つは英語の音声を真似して口に出すことで実際の英語の発音に慣れることが出来ます。

英語は実際に話される場面では単語1語1語がはっきり発音されることはとても少ないので、前後の音が連結していたり、弱い音は不明瞭になって聞こえたりします。

本来英語の発音は日本語のカタカナの発音とは全く違うものなので、音でしっかり発音を理解することが英語を学ぶ過程では重要になってきます。

また、音源のスピードで内容を理解出来るようになることでリスニングスキルの向上にもつながります。

音としては聴き取れるようになってきたけど、ナチュラルスピードで意味の理解がついていけない、という人は何度も繰り返しシャドーイングしながら内容を頭で追っていく練習をすることが大事です。

そして繰り返し口に出すことで、英語の表現や単語を覚えることも出来ます。

単語は知っているけど使えない単語、というのが沢山あるのですが、シャドーイングで繰り返すことでこうした「知っているけど使えない単語・表現」が「使える単語・表現」になっていきます。

初心者にはシャドーイングはむかない

シャドーイングの効果を紹介しましたが、まるっきりの英語初心者にはシャドーイングはむきません。

その理由としては、

  • そもそもスピードについていけない
  • 語句を飛ばしてしまったり間違えてしまっても気付かない可能性が高い

といった点が挙げられます。

シャドーイングは正しい発音・正しい語法を実際の文章の中で真似していくことで効果が出てくるものです。

野球で言うなら正しいバットの持ち方や正しいフォームを覚えずにひたすらボールを打ち続けるようなもので、多少は上達するかもしれないけど我流の崩れたフォームを続けているとどこかで限界が来ます。

また、シャドーイングは「知っているけど使えない単語・表現」を「使える単語・表現」にするための手順でもあるので、ある程度文法・単語・構文の知識がないとただただ機械的にシャドーイングを続けていても意味がないんです。

初心者はまずはある程度の文法や単語の基礎力をつけることですが、受験などで読み書きは勉強していて文法事項はある程度理解出来るけど、聞く話すは初心者、という方にはシャドーイングよりリピーティングをおすすめします。

シャドーイングは難しい?初心者はシャドーイングよりも〇〇で勉強しよう!

こちらの記事で紹介している「音読パッケージ」を使って、フレーズ毎にポーズしながら聞いた音を繰り返す、というリピーティングというトレーニングをおすすめします。

効果的なシャドーイングのやり方

効果的なシャドーイングのやり方ステップ
  1. まずは普通にリスニング
  2. ディクテーションする
  3. 文章を精読して理解する
  4. スクリプトを見ながらシャドーイング
  5. スクリプトを見ないでシャドーイング

まずは普通にリスニングする

まずはスクリプトを見ないでどこまで聴き取れるか、普通にリスニングしてみましょう。

TOEICやTOEFLなどの教材を使う場合は1回目は普通に聴いて問題を解いてみます。

その後出来れば3〜4回聞いてみてもうこれ以上聴いても理解度上がらないな〜と思うくらいまで聴いたら次のステップに進むようにします。

この段階で、次のどちらかに当てはまる教材は自分のレベルに合っていない可能性が高いです。

  • 何回聴いても半分以下しか理解出来ない
  • 1回目でほぼ100%聴き取れてしまう

難易度は数回聞けば8~9割くらい内容を理解出来るくらいの難易度がベストです。

このレベルの教材は後のディクテーションやシャドーイングでの効果がとても出やすいです。

ディクテーションしてみる

一通りリスニングをして、「これ以上聴いても変わらないな〜」となっても、まだスクリプトや日本語訳を見るのはちょっと待ちましょう!

出来ればここでディクテーションをしてみることをおすすめします。

ディクテーションのやり方と効果、おすすめ教材を紹介!英語リスニング強化に最適!

詳しいディクテーションのやり方はこちらの記事でも紹介していますのでここでは簡単に説明します。

ディクテーションをすることで自分が聞こえていない音・単語が明確になります。

特に初心者は何度かディクテーションをしてみることをおすすめします。

ある程度のフレーズ・センテンスのまとまり毎に音源をポーズしながらディクテーションしてみましょう。

慣れてきたらこのステップは脳内ディクテーションに切り替えて、聴き取れなかった箇所だけ書き出してみる、という形にしても大丈夫です。

文章を精読して理解する

シャドーイングは、内容が分かっている英語を聞きながら、そのスピードで頭で内容を理解していくことで英語のリスニングやスピーキングスキルをあげるものです。

なのでシャドーイングトレーニングをする前には文章をしっかり精読で読み込んで、隅々まで理解しておくことが必要です。

ここでは精読の詳しいやり方については省略しますが、文法・構文・単語、全て分からないものは辞書をひいて、英文をしっかり理解した上で次のシャドーイングのステップに進むことが大事です。

スクリプトを見ながらシャドーイング

なぜか多くの人が飛ばしてしまいがちなこのステップですが、とても大事です。

というのもこのステップを飛ばしていきなり次のスクリプトを見ないシャドーイングに入ってしまうと、多くの人が早い部分の単語を飛ばしてシャドーイングしていたり、音でついていくのに必死になりすぎて意味を理解出来ていなかったりします。

シャドーイングは音を真似しながら、そのスピードで頭の中で意味を理解してこそ効果があります。

まずはスクリプトを見ながらシャドーイングをして、音源の速度でスーッと内容が頭に入ってくるようにトレーニングしましょう。

私の場合はこのステップは全体でおよそ5回くらいは繰り返して、上手く発音出来ないところや意味の理解が追いつかない箇所はさらに繰り返し練習します。

スクリプトを見ないでシャドーイング

ここまで来たら最後の総仕上げ、スクリプトを見ないでシャドーイングしていきます。

このステップは耳さえ空いていれば出来るので、通勤中などの隙間時間を活用して繰り返し練習すると良いです。

電車の中で声を出すのは憚られるので、私はよく自宅⇒駅への徒歩の間や、料理や掃除などの家事をしながらシャドーイングをします。

ある程度集中して行える状態でなければ意味がないので、他のことを考えながらやる、テレビを見ながらやる、というのはNGで、ルーチンワークであまり考えなくて出来るような作業中にするのが良いです。

このステップはほとんどのセンテンスで語句を漏らさずシャドーイング出来て、かつこの速さでスーッと意味が頭に入ってくるようになるまで繰り返します。

私の場合は正確に数えているわけではないですが1つのパッセージにつき少なくとも20〜30回くらいはシャドーイングをします。

シャドーイング教材の選び方

  • 自分のレベルにあっている
  • 自分が興味を持てそうな教材だとよりgood
  • 時間は数分〜5分程度
  • リスニング力に重点を置きたいならレクチャー系、スピーキングに重点を置きたいなら会話文の教材が良い

というのがシャドーイング教材選びの基本です。

海外ドラマや映画を使ったシャドーイングも興味を持ちやすいという意味では良いのですが海外ドラマの短いものでも20分程度あり、数十回のシャドーイングを繰り返すにはあまりむきません。

音も不明瞭な部分が多かったりして初心者がいきなりシャドーイングするには結構難易度が高いのです。

趣味で海外ドラマを見ながら部分的に英語表現を取り入れたりすることは良いのですが、いきなりドラマや映画でシャドーイングをしようとすると挫折しやすいのでやめましょう。

自分に合うレベルについては、

一回で完全に理解は出来ないけど、3〜4回聞けば7〜8割理解出来る

くらいの教材が、シャドーイング教材としてはベストだと思います。

1回で全て聴き取れてしまう教材は簡単すぎるし、何回聞いても半分以下しか分からない教材は難しすぎます。

書店で探す場合は音源の視聴が出来なくて難しいですが、

  • スクリプトをゆっくり読めば問題なく理解出来る
  • 知らない単語や表現は1つのスクリプトにせいぜい5個以下くらい

というくらいの教材を探すと良いと思います。

おすすめのシャドーイング教材

おすすめのシャドーイング教材については、正直レベルによって違ってくると思うのですが、いくつかおすすめを紹介しておきます。

初心者でも取り組みやすい「英語シャドーイング改訂新版」

かなり古くからある「英語シャドーイング入門編」の改訂新版、最新版です。

前半でシャドーイングの効果や具体的な方法について解説された上で、色々なテーマ・分野の文章のシャドーイング教材が用意されています。

教養になるようなテーマも多く、TOEICやTOEFLを受けようと思っているような人も、シャドーイングトレーニング最初の一冊として使うには良いと思います。

レベルに合わせて選びやすい「究極の英語リスニング」

こちらのシリーズはVol.1〜4に加えてビジネス英語特化のものがあるのですが、最大の特徴はそれぞれの段階に応じて使われる単語に制限が設けられていること。

Vol.1は1000語、Vol.2は2000語、Vol.3は3000語のように、レベルに応じて使われる語彙数が制限されているので初心者も取り組みやすいのです。

ちなみにこのシリーズはAmazonのAudible版が用意されていて、オーディオブックとして視聴することも出来ます。Audibleは初回登録して最初の一冊は無料で聴けるので、お試しで登録して視聴してみるのもおすすめです。

Amazon Audibleを使った洋書のシャドーイング

どうも市販教材では興味の持てる教材がない場合にはAmazon Audibleを使った洋書のシャドーイングもおすすめします。

Audibleとはオーディオブックと呼ばれる近年日本でも少しずつ普及してきている「本を聴く」ことが出来るサービスです。

Audibleには沢山の洋書があるので興味のあるものが見つかりやすいですし、しかも登録するとなんと最初の1冊は無料で貰えるんです。

この最初のサービスで貰ったり購入した本は、月額会員を退会した後も自由に読めます。

登録期間中は別の洋書に交換することも出来たり…と便利なのでAudibleで興味のある洋書を探してシャドーイングしてみるのもおすすめですよ。

Audibleを使った英語学習について詳しく見たい方はこちらの記事もどうぞ^^

Audibleを英語学習に活用しよう!メリット・デメリットや使い方をまとめたよ

まとめ – 正しいやり方でやってこそ、シャドーイングは効果が出る!

なんでもそうですが、トレーニングは正しいやり方でやってこそ成果が出ます。

たまに「シャドーイングが良いらしい」と聞いてとりあえずいきなりスクリプトを見ないでシャドーイングを始めてしまうという人がいますがNGです。

これは全く無駄とは言いませんが、やっぱり音を飛ばしたり、間違った理解をしたまま気付かなかったりする原因になるので、みんな忙しいのは分かりますがちゃんとステップを踏みましょう。

効果的なシャドーイングのやり方ステップ
  1. まずは普通にリスニング
  2. ディクテーションする
  3. 文章を精読して理解する
  4. スクリプトを見ながらシャドーイング
  5. スクリプトを見ないでシャドーイング

というステップで繰り返しトレーニングをすることで、英語力は少しずつ伸びていきます。

シャドーイングは地味だしすぐに効果を感じるものではないですが、独学で英語を話せるようになった人はみんな例外なくシャドーイングのトレーニングをしています。

頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です