「英語は通じれば良いから発音の勉強は不要」は間違い!なぜ発音は大事なのか?

皆さん、ある程度受験で英語を勉強した方も、「英語の発音」ってちゃんと練習したことありますか??それぞれの発音記号、正しく自信を持って発音出来ますか??

英語勉強してるけど通じれば良いし、別に綺麗な発音じゃなくて良いから発音の勉強なんて興味ないよ〜

と思っていませんか?

私も昔はそう思っていたのですが、日本人にとって英語の発音を練習することは「綺麗に発音するため」というよりもリスニング力の向上にめちゃくちゃ効果があります。

そして発音の練習は短期間で効果も出やすいので、めちゃくちゃコスパも良いです。

オンライン英会話でなかなか自分の英語が通じなくて悩んでいる人や、RやLなどの発音が正確に聞き取れない人は是非発音の練習をすることを勧めます!

1ヶ月くらい練習するだけでもリスニング&スピーキングが格段に上達します。

英語の発音を勉強する重要性

私は受験英語はそれなりに出来たけど、会話は全然出来ない、典型的日本人タイプの英語力でした。

それでも英語くらい話せないとダメだと思って色々試行錯誤してきたんですけど、その中でも勉強してみてかなり効果を実感出来たのが英語の発音の勉強なんですよ!!

綺麗な発音を目指すというより通じる英語を身につけたい人におすすめ

私も始めの頃は、

「別にネイティブみたいに話せなくても良いし、綺麗な発音身につけるよりも実践的な会話を練習した方が良いでしょ」

って思ってました。

でも違うんですよ。ネイティブみたいに話したいなんて思っていなくても、通じる英語を身につけたいなら絶対に一度は発音の勉強は勉強しなきゃダメなんです。

とりあえず発音を全く勉強したことなかった時に私が読んだ本を紹介しておきます。

ここで知っておくべきなのは、

「人は知らない音は聞き取れないし、知っている音に変換して聞いてしまう」

ということなのです。

発音が分からないと、聞き取れない

例えば英語で「bat」と「but」という単語、私達日本人で英語初心者は「バット」とカタカナにして聞いています

ただ、このようにカタカナに変換して聞いていると、文脈から「bat」と「but」のどちらかを判断するしかなくなります。

これはリスニングの時にワンテンポ遅れてしまうし、カタカナに変換して聞いているうちは聞き取りスキルは伸び悩みがちです。

上記の2単語は英語の発音記号を書くと、「bæt」と「bʌt」です。「æ」も「ʌ」も日本語にすると「ア」という母音になってしまいますけど、英語では全く別の母音です。でもそれぞれに対応する日本語の音がないのでとりあえず一番近い「ア」と読まれています

リスニングを鍛えるための第一歩としては、カタカナに変換して聞くのではなくて、「あ、今batって言った」って感じで英語の発音のまま聞き取れるのが理想になるわけです。

発音を知らないと、通じない

これもまたよく出される例としては、「Rの発音」も日本語ではラ行に変換されていますけど、ラリルレロとは全然違う音なんですよね。

日本語にはない音なので、仕方なくラ行で表現されるだけなのです。普通にredをカタカナで「レッド」って発音してもほぼ通じません。(経験談)

カタカナ英語はかっこ悪いっていうだけじゃなくて、「そもそも間違ってる」ことを認識した方が良いのです。

別に綺麗な発音じゃなくても良いけど通じれば良いな、って思ってる、そんなに上を目指してるつもりはないけどね〜っていう人(私もそう)ほど、何も言わずにまずは発音の勉強をしてみましょう!!

実際に私がやったこと

実際に私がやったこととしては、上で紹介した本を買って毎日CD聞きながら一ヶ月くらい声に出してそれぞれの発音の使い分けを練習してみました。

通勤の最中とかにも駅から家までの道とかでCD聞きながらぶつぶつつぶやいていたので完全に不審者だったかもしれません。。。

なので私も正直めちゃくちゃ綺麗な発音で話せるわけじゃないんですけど、この1ヶ月くらいの発音練習してみたら少しずつ発音が意識出来るようになって、めちゃくちゃ自分の英語が通じやすくなりました。

ただ、1ヶ月くらい発音の練習をしたからと言って、実際の場面で全ての単語が完全に聞き取れるようにはなりません

私は大学受験でそこそこ英語は勉強していたので、読めるけど話せないタイプの人だったので、英語を話す練習に関して色々試行錯誤してきました。

音読とかシャドーイングもやって、これも英語を話すのに効果的と言われる方法ですけどなかなかすぐに効果を実感出来るものではないんですよね。でも、発音は少し練習するだけでも通じやすさが劇的に変わったので本当にオススメなんです。

スカイプ英会話の先生にも「発音上手だね」って褒められるようになりました(*・ω・*)

まとめ:英語はカタカナでは表せない

言語が違えば発音ってそもそも違うんです。

だから外国語をカタカナで表記する時点で間違ってるんです。

人間は知らない音は聞き取れなくて、知っている音に変換して聞いてしまいます。

英語をカタカナで覚えている限りは”right”も”light”も”ライト”と聞こえてしまうわけで、この状態だとリスニングスキルもなかなか伸びません。

「発音?通じれば良いしそんなに綺麗な発音なんて目指してないから勉強しないよ〜」っていう人や、「英会話練習してるけどなかなか自分の英語が通じないんだよね…」なんていいう人は、騙されたと思って1ヶ月、発音の練習をしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です