オンライン英会話は挫折する人が多い!私のモチベーション維持の秘訣を紹介

みなさんこんにちは!

私はこれまでオンライン英会話にやる気満々で入会して、最初のうちは毎日のようにレッスンを受けるのですが、1ヶ月くらいすると少しずつレッスン受講のインターバルが長くなり、結局ほとんどレッスンを受けなくなり、数ヶ月分の月会費を無駄にした後に解約する…というのを何度か繰り返してきました。

私はオンライン英会話って「安くて手軽」なことがメリットでありながら最大のデメリットだと思っているんです。

いつでも受けられるし今日はいいかな…

今日1日くらいレッスン受けなくてもいいかな…

と思うと少しずつレッスンから遠のいてしまいがちになります。

また、英会話学習そのものがすぐに上達を感じられるものでもないので、

やってもやっても思うように話せるようにならないし…

などと感じてしまうことも更に英会話から足を遠のかせる原因となってしまうのです。

そんな風に何度かオンライン英会話挫折を続けてきた私ですが、最近は1年近く週3回程度のオンライン英会話を継続していて、レッスン以外での自習も結構しているので、自分でもかなり上達を感じられるようになってきました。

旅行や日常会話などではほぼ困ることがなくなってきましたし、オンライン英会話の先生にも初めて会う先生には「留学してたことがある?」「日本人はスピーキングが苦手だけど、あなたはとても上手」などと言われるようになりました。

なので自分で言うのもなんですがかなりオンライン英会話を活用出来ていると自負しています。

そこで今日はオンライン英会話挫折を何度か経験しながらも今はそれなりに継続出来るようになった私なりに、モチベーションを保つ秘訣などを紹介しようと思います。

オンライン英会話が普及して、英語が出来る人は増えたのか?

オンライン英会話が普及して、格安に英語が学べる時代ですが、実際オンライン英会話を利用して英語が話せるようになっている人ってどのくらいいるんでしょうか?

英語はアウトプットが大事!毎日話すことが大事!

オンライン英会話なら月6000円程度で毎日英会話レッスンが受けられる。

こんな風に言われていますが、実際にオンライン英会話で「毎日レッスンプラン」「受け放題プラン」に入会している人でも月の平均受講回数は6回程度なんだとか!Σ(・□・;)

勿体ないですよね、折角毎日安くレッスンが受けられるのがメリットのオンライン英会話なのに、これでは週1〜2回通学式の英会話に通うのと変わらない…。

でもこれを聞いて、私みたいな最初はやる気満々でも段々受けなくなってしまう…みたいな人は多いのかな…と感じました。

少し話がズレますが、月額定額で通い放題のスポーツジムは一度に利用出来る定員の100倍くらいの会員を取るそうです。

  • 毎日利用する人はほとんどいない
  • 段々来なくなる人が一定数いる

という前提なんです。

もしも会員全員が毎日利用したら、完全にキャパシティオーバーしてしまうんですね。

これは英会話にも言えることで、決まった曜日の決まった時間に通うような英会話スクールではなく、いつでも出来るオンライン英会話で毎日レッスンを続けられる人はかなり少数で、多くが途中で受講しなくなる…となりがちなのでしょう。

ちなみに、月額6000円程度で受け放題の格安のオンライン英会話も、本当に会員全員が「毎日」レッスンを受けたら完全に赤字になってしまうそうですよw

なぜオンライン英会話で挫折してしまう人が多いのか?

そもそも英会話学習は上達を感じづらい

まず、英会話は1〜2ヶ月続けたからと言って上達の実感が感じづらいです。

  • やってもやっても思い通りのことを話せるようにならない
  • 知らない単語やイディオムがどんどん出てくる
  • 少しは聞き取れるようになったかな?と思っても映画やドラマのナチュラルスピード英語は全く聞き取れない

「上達している実感」が感じられないと、なかなかモチベーションを保つのって難しくなります。

特に英会話は「話せない…」と思ってしまうと楽しく感じられずに億劫になってしまったりもしますからね。

このまま続けていて本当に話せるようになるのか不安になるし、仕事をしながらだったりすると段々と英語学習から足が遠のいてしまう…となりがちです。

これが多くの人が英会話が続かない原因の一つです。

オンライン英会話の「手軽さ」がメリットかつデメリット

もう一つ、オンライン英会話は通学制の英会話スクールと比べると「ネイティブ講師が少ない」とか「バイト講師が多くて質が低い」などのデメリットが挙がっていますが、私は「安くて手軽なこと」もメリットでありデメリットだと思っています。

例えば私はネイティブキャンプというオンライン英会話に入っていたことがあるのですが、

予約なしでいつでもレッスン受け放題で6000円程度という料金設定なので、毎日レッスンを受ければ1レッスンは200円程度だし、1日に2レッスン、3レッスンと受ければ受けるほどお得な英会話でした。

ネイティブキャンプを1年受講してみて感じたメリット&デメリット

ただ、実際やっていると「予約不要」だと仕事が終わって帰って来た日に少しでも疲れてると「今から英語やるのだるいな…」となってしまい、結局月に数回くらいしかレッスンが受けられなくなってしまってたんですよね…(^_^;

結局段々と受講しなくなってしまい、辞めてしまいました。

固定されていない予定って、どうしても後回しになったり、「今日はいっか」となりがちです。

月に〇回というのが決まっていないと、一日くらい受けなくても損している実感も少ないです。

特にオンライン英会話って安いから、金銭的ダメージが少ないですからね。

こんな感じでオンライン英会話に最初はやる気満々で入会したものの、続けられずにやめる…という人はとても多いのです。

RIZAPはみんな「強制力」にお金を払っている

少し話が逸れますが、筋トレで「結果にコミットする」として人気を得ていたRIZAPについて考えてみます。ちなみに最近は英会話版RIZAPも出来ていて盛況のようです。

みんな結果を求めて高額なRIZAPにお金を払う人が沢山います。

でも正直今の時代、効率の良いダイエット方法、食事方法などの情報はインターネット上に無料で沢山落ちていますよね。

勿論ネット上の情報が全て正しいかどうかは判断出来ない部分がありますが、それにしたってRIZAPしか知らない魔法のようなダイエット法があるわけではないし、何十万も支払ってまで得る価値のある情報だと思いますか?

これは私の意見ですがみんながRIZAPに高額を支払っている価値のあるものは「強制力」なんです。

実は私もパーソナルトレーニングを受けていたことがあるのですが、筋トレを監視されていると、「もう疲れた…無理…」と挫折出来なくなります。インストラクターが「ダメ、あと5回」と最後の追い込みをかけてくれるんです。

食事や体重についても逐一報告することで、「甘いものとか食べちゃダメ」という気持ちが大きくなります。

そして「このために大金を払った」という事実もあるので、無駄にしないようにしようという努力が続きやすくなります。

こんな風に言うとRIZAPの中身なんて大したことないと思うかもしれないですが、人間は楽な方へ流れてしまうので、強制力の「キ」の字もないようなオンライン英会話はあっという間にサボってしまう、挫折してしまう人が沢山いるし、その分「強制力」への需要って大きいんです。

最近は英会話のRIZAPや、他にもTRAIZやARUGOのような「短期集中の高額英会話」のようなカリキュラムが沢山出ています。

これらもカリキュラムが特別優れているというよりも、みんな「強制力」にお金を払っているからなんですね。

私がオンライン英会話を続けられるようになった理由

そんなオンライン英会話挫折のベテランとも言うべき私ですが、今は1年近く英語学習が続いているんです!

モチベーションが保てるようになった理由はいくつかあるので、それを紹介しようと思います。

自分に合ったオンライン英会話に出会った

私は今まで色々オンライン英会話に入ってきましたが、一番長く続けられているのが今のvipabcです。

vipabcの口コミ・評判検証!実際に50レッスン受けてみたので効果をレビューするよ!

私がvipabcを続けられている理由は一言で言うとオンライン英会話でありながら他に比べると強制力が高かったことです。

  • 値段が高め
  • 24時間前までに予約しなければならない
  • キャンセルは4時間前までにしなければならない
  • 講師や教材が選べない

vipabcはこのような特徴があるんですが、これって全部一見するとデメリットのように思えるでしょう?

ただ、実際に始めてみると24時間前までに予約をしなければならない(厳密には4時間前まで予約出来るが、消費ポイントが多くなってしまう)ので英会話レッスンを事前に強制的に予定に食い込ませることが出来るんです。

直前キャンセルは出来ない(ポイントが消費されてしまう)ので、仕事から帰ってきて疲れていても「レッスンあるから受けなきゃ」という気持ちが働きます。

あとは私は他の英会話で講師や教材を選ぶのが結構めんどくさかったんですよ。笑

確かにお気に入りの先生が出来たりもするのですが、「お気に入りの先生が空いていて自分がレッスンを受けられる日がなかなかないなぁ〜」となってしまうと、レッスンが随分空いてしまったり。

教材も「実際会話になると文法が崩れてしまうけど、文法のペーパー問題は出来ちゃうから文法レッスンを受けてもあまり上達する感じがしないな」とか、「かといってフリートークだと毎回同じような話題に偏りがちだな…」とか色々考えてると選べなくて、予約するのがめんどくさくなってしまったり。笑

その点がvipabcは時間だけ決めて予約すれば先生も教材も勝手に決めてくれるので私にはめちゃくちゃ合っていたわけです。

あとはvipabcは全員資格保持者で8割以上はネイティブ講師なのですが、その分値段も高めです。

ただこれがまた私には「高いお金払ってるんだから続けなきゃ」という強制力が働きました。

人間って単純なものです(^_^;

英会話は続けることが全てなので、私にとってはRIZAP Englishのような強制力のある短期集中英会話ほどにお金や通学のコストはかけたくなかったけど、vipabcは適当な強制力があってとてもちょうど良かったんですね。

カリキュラムがいいとか、先生が良いとか、vipabcの気に入っているところは沢山あるけれど、自分が続けられてる一番の理由はこの適度な強制力だと思っています。

自分なりに目指す英語レベルの目標や目的が定まってきた

もう一つ、英語学習が続けられるようになったのは自分なりに英語学習の目標が出来たことです。

私は昔から漠然と「一度で良いから海外で生活してみたい!」と思っていたのですが、具体的にどこに行きたいとか、海外で何がしたいとか全く決まっていなかったんです。

それが少し前に海外留学が決まった先輩の話を聞いて自分も海外の大学院に行ってみたいという気持ちがかなり強まりました。

そのために必要な英語レベルはかなり高くて、日常会話が少し出来る程度じゃ到底無理、TOEFLなら100点、IELTSなら7.0くらいのかなりのハイスコアを取らなければいけないことが分かりました。

でも、それまで漠然としていた希望が、当面の目標のTOEFLやIELTSの得点など客観的な指標で明確になったこともあり、だいぶやる気が出ました。

それと同時にある程度強制力のある環境に身を置こうと思い上述のvipabcを始めたので、かなり良いペースで英語学習を進められるようになったと思います。

自習もするようになって、上達の実感が少しずつわいた

もう一つ、オンライン英会話を漫然と続けていても上達は感じづらくて、

自習の時間に新しい語彙や用法を覚える

それを英会話で実践して使っていく

というのを繰り返すと英会話は少しずつ上達が感じられます。

「あ、この前覚えたばかりの単語!」

「この前読んだ文章にもこの表現あったから使って見よう!」

そういうのを実際の英会話で使うことで少しずつその表現や単語が自分のものになってくるので、使う表現が少しずつ増えたり、少し難しい内容も英語で表現出来るようになってきます。

https://dokugaku-eikaiwa.com/wp-content/uploads/2019/02/profile-pic01.png

オンライン英会話は言ってみれば「練習試合」のようなもので、素振りなどの基礎練習にあたるボキャブラリー、瞬間英作文などは地味だけど上達のために大事な作業なんだよね。

私もまだまだ英会話の中で自分の伝えたいニュアンスがなかなか伝えられない、自分の言いたい内容にぴったりと合う表現が思い浮かばない、という場面がめちゃくちゃあります。

なのでどんなに忙しくても毎日1〜2時間程度はボキャビルや瞬間英作文をして表現や単語をインプットする時間を作っています。

これに加えてシャドーイングなどもしていますが、週3〜4回受けている英会話レッスンはそれをアウトプットするための時間です。

ちなみにボキャビルや瞬間英作文にはAnkiというアプリを使っています。

ボキャビルや瞬間英作文の効率を10倍高める神アプリ「Anki」がすごすぎる

これを続けた結果、半年くらい経った頃から自分でもかなり上達を感じられるようになってきて、

上達の実感が沸く⇒英会話続けられる

という良い循環に入ったと思います^^

挫折しがちな人は朝受講するのもおすすめ

あとは、どうしても仕事後だと「今日はまぁいっか…」となりがちな人は、「朝受講する」と決めるのもおすすめ。

少し大変ですが、仕事に行く前の時間に予約を入れて、それに間に合うように起きましょう。

前日のうちに予約を入れておけば、ギリギリでサボることが出来なくなります。

「朝そんなに早く起きられない」って思う人、その気持ちは分かりますが、頑張るしかないです。

私は朝が早い仕事なので、5:00に起きて5:30頃からレッスンを受けたりもしてました。

オンライン英会話で挫折しないようにするためにすべきこと

私のこの記事を読んでもらうと、「英会話出来るようになるにはそんなに大変なコトしなきゃダメなの?」と思われるかもしれません。

一つ、私の場合は目標としている英語レベルが結構高いです。

海外大学院に行きたいので、帰国子女でもない、留学経験もない私がそのレベルに達するにはそれ相応の努力をしなければならないのです。

旅行でちょっとした会話を楽しみたい、というレベルなら必要な勉強時間はもっと少ないと思いますが、それでもきっぱり言います。

英語学習に楽な道なんてないんです!

なかなか上達が感じづらい中でもモチベーションを保って続けることが必要です。

オンライン英会話で挫折しないためのポイント
  • ある程度強制力のある環境に自分を置く
  • 少しでも良いから新しい単語や表現を自分でも覚えるように自習する(上達が感じやすくてモチベーションを保ちやすい)
  • 英語を勉強して何をしたいか、ざっくりでも良いので目標を決める

RIZAP Englishなどの短期集中英会話が人気を得ているのはその強制力にみんなお金を払っているわけです。

これだけオンライン英会話が普及した今でも通学式のスクールに一定数の需要があるのは、オンライン英会話は手軽すぎて挫折してしまう人が多いからなんです。

ただ、そうは言ってもRIZAPに払うほどのお金や覚悟はない人が多いと思うので、そんな人には私が今使っているvipabcもおすすめです。

RIAZAPほどではないですが、予約やキャンセルが他と比べて手軽に出来ないし、担当のコンサルタントもついてくれるので、モチベーションが保てなくなったときに相談に乗って貰ったりも出来ます。

体験レッスンは無料で受けられるので気になるかたは是非一度レベルチェックだけでも受けてみてください♪

あとは少しずつでも自分で自習時間を作って、英語の文章を読んでみたり、リスニングをしてみたり、新しい単語や表現を覚えてみること。

「あ、この前覚えた表現が実際に使えた!」

のような小さな達成感を感じると上達も感じやすいし、モチベーションが保ちやすくなります。

英語学習は大変ですが、英語が話せるようになることで自分の生き方の選択肢はぐんと広がると思います。

私自身も何度もモチベーションをなくして学習を辞めて…というのを繰り返してしまったので、そんな英語学習者のモチベーション維持に役立つような記事をこれからも発信していけたらいいなと思っています。

See you again!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です