EF English Liveの教材はどう?マンツーマンレッスンとの組み合わせが最強

EFイングリッシュライブというオンライン英会話は、日本での認知度は少し低めですが、全世界に展開していて世界中の人が利用しているオンライン英会話の一つです。

グループレッスンが主体なので他のオンライン英会話とはひと味違った学びがあって特に中級者以上くらいにはおすすめ出来る英会話の一つです。

そんなEFイングリッシュライブの教材って実際どんな感じなのー?という疑問が結構あるみたいなので、私が実際に受講していた時の教材の一部を載せつつ紹介していこうと思います!

EF English Liveの教材概要

EF English Liveはレッスンで使用する教材とは別に、自習用の教材もかなり充実しています。

マンツーマンレッスンは自習用教材に関連した題材になりますが、グループレッスンは自習用の教材とは違った毎日日替わりのテーマになります。

グループレッスンの教材

EF English Liveの通常プランで毎日受けられるグループレッスンですが、教材はその日毎の日替わりトピックです。

アカウントを作成すると毎日のグループレッスンテーマが確認出来るようになりますので、毎日受講してもいいし、興味のあるトピックの日に狙ってレッスンを受けると良いと思います。

  • 事前に予習は出来ず、レッスンに参加して初めて教材の内容が見られる
  • 後から教材を復習することも出来ない

といった仕様になっているのは少し残念なところです。

自習用教材&マンツーマンレッスンの教材

EF English Liveは、自習用教材をがっつり活用することで英語学習の効果を高められるスクールの一つなので、折角入会するのであればレッスンだけでなく自習用教材も思い切り活用した方が良いです。

自習用教材はユニット毎に分かれていますがそれぞれ結構なボリュームがあります。

例えば私が開始時のレベルとして選んだ中級のユニット1のテーマは”未来”についてでした。

ユニットはレッスン1から順に進めていきますが、途中にある「グループレッスン」の項目は「ユニットを学習する間にグループレッスンを一度は受けましょう」ということなので、特に自習用教材の内容とグループレッスンの内容は関連ないです。

ただしマンツーマンの「プライベートレッスン」については一通りユニットの自習教材で学んだ内容に大きく関係してくるので、しっかりと自習を終えてから臨んだ方が良いと思います。

EF English Live自習用教材のポイント

私はEF English Liveは自習用教材がとても勉強になると思います

なのでまずはEF English Liveの自習用教材のポイントを紹介しようと思います!

自習用教材のビデオがネイティブ英語を学ぶのにとても良い

自習用教材は各ユニット毎に1〜2分程度のビデオ映像がいくつか含まれています。

↑で例として出した”未来”に関するユニットの場合、未来のことについてディスカッションをしているようなビデオが準備されています。

このビデオが、ナチュラルスピードの英語でリスニングの訓練にはとても良いです。

  • ネイティブスピード
  • 1〜2分程度の短時間なので聞きやすい
  • 自然なネイティブ会話を元に、表現や単語を学べる

通常のリスニング教材って、話し手もとても聞き取りやすいように話してくれているので練習には良いのですが、「教材の音源は聞き取れるようになってきたのに、実際にネイティブが話すスピードには全然ついていけない(O_O)」なんていうのがあるあるです。

よく英語学習で海外ドラマや映画を日本語字幕なしで見ると良いなんて言いますが、映画やドラマ一本見るのって時間もかかってトレーニング教材としては使いにくいですし、意味の解説もないので初心者は学習には利用しづらいです。

数分間のネイティブ英語が詰め込まれたリスニング練習になる教材って意外と少ないので重宝すると思いますよ。

自分の発音トレーニングにもなる

EF English Liveの自習用教材は、しばしば自分の音声で答えを入力しなくてはいけない部分があります。

正しい発音で答えられると、自分の答えたセンテンスが全部緑色になるので、概ね自分の発音が正しいということが分かります。

ちょっと微妙な発音が聞き取られるとオレンジで示してくれます。

全ての単語が完璧な発音でなくても、おそらく7〜8割正しければ正解として次の問題に進めるのですが、自分の入力した音声はその場で何度でも聞けるので、自分の声を聞きながら自分の苦手な発音が結構分かってきます。

https://dokugaku-eikaiwa.com/wp-content/uploads/2019/02/profile-pic01.png
Amy

日本人は間違った発音で英語を見よう見まねしている人も多いので改めて自分の発音を見直す良い機会になるかも!

ライティングはネイティブの添削付き

各ユニットにはライティングレッスンが用意されており、指定単語数(60〜100wordsなど)で自分の意見を述べるパターンが多いです。

ライティングは自分一人で学習していても「自分の表現でもOKかな?」「なんでこの表現はダメなんだろう?」など結構疑問が増えやすいところです。

有料でライティングの添削をしてもらえるサイトはありますが、そこそこ値が張るのでオンライン英会話の月額に含まれて添削もしてもらえるのはとても嬉しいところなんです!

あまり添削の内容を公開するのは良くない(+恥ずかしい)と思うので雰囲気だけ分かるように、添削の一部をお見せしますね!

英作文課題を完了して数日すると講師から英作文の添削が届きます。

私は割とじっくり考えての英語の読み書きは得意なので、英作文の評価はまずまずでした^^

こんな感じで英作文に対して改善点、良かった点などをネイティブ講師が添削してコメントをくれます。

自習用教材を終えてからのマンツーマンレッスンはとても良い

EF English Liveのプランでは、マンツーマンレッスンが月に8回受けられるのですが、これは自習用教材を1ユニット終えるとマンツーマンレッスンが1レッスン受けられるようになっています。

というのも、マンツーマンレッスンの教材がそれぞれのユニットで学習した内容に関連しているからです。

私はこの流れがとても良いなと体感で思っていて、自習でボキャブラリーや表現を学んだ上で、マンツーマンレッスンに臨むとその内容に関してだけですがいつもより会話がしやすくなります。

オンライン英会話が普及して、最近は本当に手軽に毎日英会話レッスンが受けられるようになりました。

でも、毎回惰性でなんとなく受けるよりも、少し予習が出来ていたり、そのテーマの単語を事前に詰め込んだりしていると学習効率が格段にアップすると思います。

EF English Liveのグループレッスンの教材はどう?

ここまで自習用教材のことについておすすめポイントを書いてきましたが、グループレッスンの教材についてもどんなものか少し紹介しておきます。

EF English Liveのグループレッスン教材はまぁ率直な感想としては「可も無く不可も無く」だと思っています。

例えばある日のトピックは「事故と怪我」についてでした。

生徒達に今まで怪我や事故にあったことはありますか?といった感じで先生が順番に質問をしながら、トピックに関する単語を学んでいく、というような流れですね。

オンライン英会話でフリートークをダラダラ続けてしまう人がいますが、そうすると偏った内容しか話せなくなりがちなので、何かのテーマについて話すトピックトークは良い教材になると思います。

教材は悪くはないですが他のオンライン英会話と比較して特別良いかと言われると大きな差はないかなというのが正直な感想ですね。

ただグループレッスンは他の生徒の発言を聞いて「そっか、そういう答え方もあるのか!」とマンツーマンにはない学びもあるので、そういう意味でも面白さの方が強い気はします。

英会話のグループレッスンは損?実はマンツーマンとは違った学びがある!

日替わりトピックなので、自分が興味あるテーマかそうでないかでも変わってくると思いますし、後はグループレッスンは進行の上手な先生かそうでないかでも結構変わると思います。

一応ある程度レベル分けされたクラスでのレッスンにはなりますが、EFイングリッシュライブのレベル分けは「自己申告制」なので、結構生徒のレベルにはばらつきがある印象です(^_^;

そして生徒達のスピーキングスキルを把握して上手に誘導しながら進行してくれる先生のレッスンは盛り上がるし楽しいと思います。

EF English Liveの教材レベルについて

EF English Liveは無料体験での入会の時に自分のレベルを選びます。

レベルチェックレッスンなどがあるわけではなくあくまで自己申告制ですが、とりあえずのレベルを選んで合わないと思ったら後から変更も出来るのであまり深く考えず選んじゃってOKだと思います。

一応入会すると自分で勝手に受けられるレベルチェックテストもあるので、これも参考にすると良いかもしれません。

ただ、レベルチェックテストはペーパーテストのようなもので、基本はリーディングとリスニングの力判定のみです。

私が最初に受けた時は↑のような感じで「中上級」との判定でしたが、私はペーパーテストに比べて実際の会話になると思ってるように英語は話せないので、レベルは「中級」からスタートしました。

レベルは自己申告なのでグループレッスンは比較的生徒のレベルにもばらつきがありますが、自分より流暢に話せている生徒もいれば、あまり話せていない生徒もいたのでレベル選択としてはちょうど良かった気がします^^

まとめ – EF English Liveは自習用教材を活用しまくるのがおすすめ!

今日は私が利用していたEFイングリッシュライブの教材についてどんな感じのものか知りたい人もいるかと思ったのでまとめておきました!

個人的にはグループレッスンの教材はまぁ普通、可も無く不可も無くですが、自習用教材はとてもおすすめです!

なかなかこのクオリティの教材をこれだけ自由に使えるところはないと思います!

気になる方は1週間の無料会員に登録すると教材も全て使えるようになるので実際に使ってみると良いと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です