ベストティーチャーの評判は?実際に受講している私が書くおすすめポイント

こんにちは。

これまでいくつかのオンライン英会話を渡り歩いてきたスカイプ英会話ビッチの私ですが、最近今までで一番だなと思っている英会話はベストティーチャーです。

デメリットは料金が高い!

オンライン英会話は一ヶ月5000円も出せば毎日レッスンが受けられるようなスクールもある中で、ベストティーチャーは一番安いコースでも月12000円と、比較的高級スクールです。

それでも私はその料金を支払っても他スクールではなくベストティーチャーを選んでいるのは圧倒的にメリットが高いと感じているからです!

今日は私おすすめのベストティーチャーについて、他のスクールにないどんなメリットがあるか、などを書いていきます!

ベストティーチャーを選ぶメリット

ライティングレッスンがある

ベストティーチャーの一番のメリットはライティングレッスンがあることです!

テーマを選んで講師と最大5往復、英語でライティングのやり取りを行い、最後に自分のスクリプトについて添削をしてもらえます。

さらに自分の書いたスクリプトで録音されたオリジナル音源も送られてくるので、これを使って復習をした上で、スカイプレッスンを受けるという流れになります。

このライティングレッスンが他にはない何よりの差別化ポイントかと思います。

私は英会話を学びたいからライティングレッスンはなくても…という人も、やっぱり読み書きスキルは英会話を行う上で大事なスキルの一つですし、ベストティーチャーのすごいところは「自分の書きたいことを書いたのを講師がちゃんと添削してくれるところ」です。

例えば英文添削をしてくれるIDIYというサイトがありますが、自分の持ち込み英作文を添削・解説してもらうためには1単語=10円程度は支払うことになり、100単語なら1000円くらいの料金がかかります。

こうしてみると色々なテーマでの自由英作文添削を月額12000円で制限なくレッスンが受けられるのはめちゃくちゃ良いと思っています。

講師陣の質がマジで高い

今までネイティブキャンプ、イングリッシュベル、QQイングリッシュ、DMM英会話と評判の英会話を渡り歩いてきましたが、ベストティーチャー講師の質は今までのスクールでもピカイチです。

講師の紹介に「ベテラン講師」とタグのついている講師はまずハズレないです。

基本はライティングレッスンで作成したスクリプトをベースで進めるのですが、その後にも上手く話を膨らませてくれたり、短時間で出来る教材を準備してくれたりととにかく慣れた先生が多いです。

そしてよくも悪くも結構厳しくズバリ私の悪いところも指摘してくれる先生も多くて勉強になります。

ニュース記事ベースの教材が良い

私が入っているコースはLISSN by NIKKEIという日経ニュースを英語で読んで、それについてディスカッションするというレッスンが選べるコースです。

通常コースに加えて月に1500円追加で必要になりますが、このレッスンはとてもおすすめです。

というのも日経のニュースなので、ニュース自体は日本のニュースなので、私達に馴染みのあるニュースが多いのですよ。これって地味に英語学習上良いと思っていて、いきなり海外ニュース記事を読もうとするよりも前提知識がある分理解しやすいです。

ニュース記事はリスニング教材にもなっているので、自習でもリスニングの練習が出来るし、ニュースについて自分の意見を述べるということでスピーキングの練習には最適です。

どんどん新しいニュースが更新されるのでテーマに困ることもないし、とてもおすすめです。

資格対策コースもある

ベストティーチャーのメリットの一つは、資格対策コースが充実しています。

日本人に一番人気のTOEIC対策コースのあるオンライン英会話は沢山あるのですが、TOEFLやIELTSの対策コースのあるオンライン英会話ってあまりないのですよ。

英語のスピーキング能力を鍛えるのならTOEFLかIELTSをベースに勉強しながら英会話力を磨くと良いと思っています。

簡単な日常会話だけならなんとなくオンライン英会話の教材を続けるだけでもある程度のレベルには到達出来ると思いますが、少し複雑な文章を使ったり、英語でプレゼンが出来る、質疑応答が出来るようなスキルを身につけるにはTOEFLのようなスピーキングトレーニングは効果が高いと感じています。

TOEFLのスピーキング対策をしてくれるオンラインスクールは貴重なので、その点も私がベストティーチャーをおすすめする理由です。

20分前まで予約可

レッスンは開始20分前まで予約可能です。

いつでもすぐにレッスンスタート可、5分前まで予約可のようなスクールもあるので必ずしもメリットとは言えないですが、ベストティーチャーの場合は予約する→時間までに作成したスクリプトの復習といった具合でレッスンに臨めるので、ちょうど良いと感じています。

すぐに予約出来る講師がいない…といったこともなくて、いつでも講師の選択肢が豊富にあるのも評価が高いところです。

ネイティブ講師も結構いる&予約しやすい

ベストティーチャーはネイティブ講師も結構います。

勿論全員ではないですが、そこそこ人数はいるので予約しようと思って講師を探せば大体どの時間帯も1〜2人はネイティブ講師が見つかります。

ネイティブ講師の予約にも追加料金がかからないので、ネイティブのレッスンを受けたい人にもおすすめできます。

ベストティーチャーのデメリット

料金が高い

一番のデメリットはこれですね。他のオンラインスクールと比べて料金が高いです。

月5980円で毎日25分のレッスンを受けられるDMM英会話や、同料金でいつでもレッスン受け放題のネイティブキャンプなどと比べると、最低でも月12000円かかるスクールはやや割高に感じます。

でもライティングレッスンがあること、月にいくらでもレッスンが受けられることなども考慮すれば決してコスパが悪いスクールではないです。

ちょっと通信環境の悪い先生もいる

これが個人的に一番気になっているところですが、講師はみんな自分の自宅などからレッスンをしているので、講師によっては通信環境が悪い先生が時々います。

良い先生が多いだけにとても残念です…。

ネイティブキャンプなんかはスカイプではなく専用のツールを使っていたというのもあると思いますが、講師は全員オフィスから通信しているようで通信環境がとても良かったですね。

ここが改善されるともっと良いんだけどなぁ〜と思っているポイントの一つです。

スカイプレッスンを受けるためにはライティングレッスンが必要

ベストティーチャーは月額12000円で一日何レッスンでも受け放題ですので、毎日何レッスンも受ければかなりコスパの良いスクールになります。

ただ、原則ライティングレッスンを受けた上でスカイプレッスンが受けられるシステムなので、逆に言えばライティングレッスンをやらないとスカイプレッスンは受けられないんです。

なので、スカイプ英会話で気楽にフリートークだけしたいなぁ〜みたいな受講は出来ません。

ライティングレッスンもそこそこ時間がかかるので、レッスン受け放題と言っても一日に何レッスンも受けるのは実質難しいと思います。

ライティング内容もフリートピックから選べますし、私はだらだらフリートークを続けてもあまり効果はないと思っているので、この仕組みはとても良いと思っていますが、嫌だという人もいるかもしれないなと感じます。

ライティング添削の先生は選べない

ベストティーチャーでは、スカイプレッスンの講師は選べますが、ライティングレッスンの講師は原則選べません。

何回かライティングレッスンを受けていると、添削講師も若干当たりハズレがあります。

当たりハズレというよりは、大当たりの先生と普通の先生がいるといった方がイメージが近いかもしれません。

自分の書いた英文をよりナチュラルなセンテンスにみっちり添削してくれる先生(アメリカ人などネイティブ講師に多い)もいれば、文法的な明かな誤りのみを直して、多少不自然なセンテンスでも文章として間違っていなければそのまま、という先生もいます。

私は後者のような先生の添削に当たった時には、スカイプレッスン時にネイティブ講師を選んで、「私のスクリプト、もっと自然な表現に直した方が良いところありますか?」などと聞いてみたりもします。

教材が自分のライティングベースなので超初心者には向かない

ベストティーチャーは何度も書いている通り、まずはライティングレッスンで自分オリジナルのスクリプトを作るところから始めるので、英語超初心者には少し難易度が高いです。

初心者のうちは通常の教材のあるスクールで表現や文法などをある程度習得してからの方が、ベストティーチャーの効果は強く感じられると思います。

ある程度英語に慣れている中級者〜上級者の場合は、ライティングレッスンの段階で、「この表現使ってみたい!」と思う表現を含めてスクリプトも作ることが出来るし、自分が話したいテーマで話を膨らませやすく良いスクールだと思います。

まとめ – ベストティーチャーをおすすめしたい人

値段がはるので、万人におすすめのスクールとは言いませんが、私は他のスクールにないメリットがあると考えているスクールの一つです。

ベストティーチャーをおすすめしたい人
  • 値段が多少高くても質の良いオンライン英会話を探している人
  • ビジネスにも生かせる英語が学びたい人
  • なんとなく英会話続けてるけど伸び悩んでる中級者くらいの人
  • フリートーク飽きてきた人
  • ニュース記事を使ったディスカッションに興味もある
  • ネイティブ講師とのレッスンもしたい
  • TOEFLやIELTSのスピーキング対策がしたい人

まとめると、少し値段が高くても質の良い、結果の出やすいオンライン英会話を利用したい!という人には、ベストティーチャーはとてもおすすめ出来ます。

逆にコスパを重視する人、最近英会話を学び始めた初心者は別のスクールの方が良いと思います。

私がベストティーチャーの受講を始める前に利用していたネイティブキャンプはコスパ重視の人にはとてもおすすめのスクールの一つです。

ネイティブキャンプを1年受講してみて感じたメリット&デメリット

ベストティーチャーが少しでも気になる方は、初回レッスンは無料で受けられるので、是非ライティングレッスン付きオンライン英会話のパワーを試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です