アイズイングリッシュのスパルタレッスンを受けてみた

独学で英会話を勉強していると、モチベーションの維持ってなかなか難しくないですか?

オンライン英会話って手軽に低価格で受講出来るからこそ、通いスクールと違って「今日はまぁいっか…」となってしまいがちなんですよね(^_^;

https://dokugaku-eikaiwa.com/wp-content/uploads/2019/02/profile-pic01.png
Amy

かといって通いのスクールは高いしめんどくさいし、なんか私のやる気を無理矢理引き出してくれる良い方法ないかな〜

と思っていたところ、アイズイングリッシュ(Ays English)というオンライン英会話のスパルタレッスンというのを見つけました。

なんか勉強ダレ気味だし、強制的にレッスン受けさせて欲しい…と思い、これ面白そうかな?と思い申し込んでみることに!

アイズイングリッシュスパルタレッスン概要

アイズイングリッシュのスパルタレッスン概要は次の通りです。

  • 1日50分×4レッスン(4時間)強制
  • それぞれスピーキング、文法、ボキャブラリー、読解問題のレッスンを50分ずつ受ける
  • 講師は各科目毎の担任制
  • 10日間、14日間、28日間コースがあり、この間は連続して毎日受講(相談すれば平日のみとかの調整は可能なようです)

といった内容です。

要するに1日4時間、連続して毎日レッスンを受けなされということのようです。

私は仕事の都合もあって、毎日4時間の連続受講は10日間が限界そうだったので、10日間コースを受けることにしました。

ちなみに料金ですが、

10日間コース 35,000円(税込)
14日間コース 49,000円(税込)
28日間コース 98,000円(税込)

いずれの場合も1日3500円、よくあるオンライン英会話レッスンの25分レッスンのレッスン単価で計算すると、1レッスンあたり400円ちょっとですね。

長期コースの方が単価が下がるかと思いきや全く変わらないので、とりあえず10日間コースではじめたら良い気もします(^_^;

アイズイングリッシュのスパルタレッスンレビュー

強制的に一日4時間レッスンが入るのが良い

冒頭でも書いたように、いつでも手軽に受けられるオンライン英会話はモチベーションを維持するのが意外と難しかったりします。

仕事で疲れていようと、意思の弱い自分に反して強制的にレッスンを受けさせられる…これが一番のメリットでした。

なんだかんだこのレッスンを受ける前はちょっと中だるみというか、「今日はめんどくさいから英会話休んじゃおうかな…」となりがちだったのですが、私はこの10日間のレッスンをきっかけにやる気と勉強ペースが完全に戻ったので良かったなと思います^^

講師がほぼ固定なのがいい

講師は科目毎(スピーキング、文法、ボキャブラリー、読解)に固定ということになっていますが、たまに別の先生になったりもします。

ただそれでも概ね同じ先生が担当してくれます。

価格の安いオンライン英会話って予約数に制限があったり、そもそも予約は追加料金が必要だったりして好きな先生のレッスンを続けて受けるのが難しかったりするんですよ。

毎回違う先生のレッスンって新鮮でいいんですけど、同じ先生のレッスンを受けられた方が自分の出来ないとことか指摘してもらいやすいんですよね。

教材は可もなく不可もなく

教材は悪くはないけど特別よくもないですね…。

スピーキングの教材は自分の考えを述べたりする練習になってそこそこ良かったのですが、文法やボキャブラリーのレッスンはいまいちでしたね…。

というのも、私は受験英語はそこそこできた方なので、ペーパーテストで出される文法問題なんかは基礎的なことは大体できるのですよ。

文法教材は講師が文法事項を説明→問題を解いていくっていう流れなのですが、問題は全部解けてしまうし、文法事項も特に新しい発見もなくて微妙でしたね。

ただ、教材のレベルがあってないとか気になった場合はサポートデスクにメールをすれば教材の内容を変えてくれます。

なので私は後半文法やボキャブラリーのレッスンはスピーキングのレッスンに変更してもらいました。

通信環境のよくない先生が多くて残念

これは特に気になったことですが、通信環境の悪い先生が多いです。

他の英会話ではこんなことなかったので、多分私の側の問題ではないと思うのですが、音が途切れてしまって聞き取れない先生が結構いました。

それも1~2日ではなくほぼ毎日…。

一応あまりに酷かったときはサポートにも話したところ、振替ポイントをもらえましたが、時間の無駄とストレスなのでこの通信環境はなんとかしてほしいです…。

今回スパルタレッスンを受けて気付いた大事なこと

まず10日間強制レッスンを受けたことで、ちょっとさぼりがちでモチベが落ちてた英会話熱が戻り、やる気と勉強ペースが戻りました。

これが今回の一番の収穫です。

それと同時にもう一つ気付いたことは、今の自分に一日4時間もオンライン英会話レッスンいらないなということ。

というのも、オンライン英会話ってスポーツでいうところの練習試合みたいなものなんですよ。それで、例えばスポーツで練習試合ばかりやっていても、楽しいかもしれないけどあまり上達しなかったりしませんか?

練習試合中に自分が出来なかったことや、自分の欠点などに気づいたら、基礎練習でそこを補う。そして基礎練習の成果を試すのが練習試合です。

初心者のうちは闇雲に実践練習の数をこなすのも大事ですが、特に中級者以上は自習時間とオンライン英会話での実践レッスンのバランスが大事です。

なので私は今は特に中級者くらいからは、受け放題や毎日レッスンがなくても、充分に自習時間を確保しつつオンライン英会話で色んな表現を試していけるように、レッスン単価が多少高くても質の良い講師やカリキュラムのある英会話をおすすめしています。

【英会話中級者向き】おすすめのオンライン英会話を紹介するよ

私は平日はほぼフルタイムで仕事をしているので、今回1日4時間のオンライン英会話レッスンを受けていると自習時間はほとんど取れませんでした。

するとなんだか毎日受けていてもイマイチ成長の実感は感じられないんですよね…。

やっぱり自分で瞬間英作文や語彙力の自習をしたうえで、それを実践で使いながら身に着けていく、という学習バランスが保てないとダメだなとすごく感じた10日間でもありました。

結論 – アイズイングリッシュのスパルタレッスンはおすすめ?

まず、私は正直1日4時間は長すぎるしもったいないと思います。

同じ4時間勉強するなら、私は自分で瞬間英作文やシャドーイング、ボキャブラリー本などの自習を3時間したうえで、オンライン英会話を1時間…の方が力になっていきそうな気がします。

ただ、1人自習で3時間を毎日…というのは、よほど志髙き人は出来るのかもしれませんが私はたぶん無理です。特に平日は、絶対に心が折れてしまう自信があります。

そういう意味では1日4時間強制的にレッスンに立たされて鞭打ってもらえるのはいいのかなと。

最近はRIZAP英会話みたいなスパルタの短期集中系の英会話も増えていますが、1人だと3日坊主になりがちで続けられない…という人にはこの手の教材は向いているんでしょうね。

スパルタレッスンがむいている人
  • 1人だと「今日はいっか」とすぐ甘えてしまいがちな人
  • 英会話初心者
  • 自由時間がたくさんある

という人は、まず最初のやる気スイッチオンのために受けてみるのも良いのかも。

ただ、ある程度英会話中級者は1日4時間受けて自習時間が確保できなくなるなら、別の英会話で頑張った方が良いんじゃないかなぁというのが私の感じているところですね。

他にも短期集中系の高額な英会話スクールは多くありますが、アイズイングリッシュのスパルタレッスンは比較的リーズナブルな価格(25分あたりのレッスン単価は400円台)で、10日間35000円という短期間ちょっとお試しで受けてみるにはちょうど良い価格&期間のコースが用意されているのが良いところかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です